新卒採用とは

Q1.これまでの新卒採用を振り返っていかがですか。

私達の会社は創業19年と歴史の浅い会社です。その会社が成長を続けるにはどうしても新陳代謝が必要です。マンネリによる機能不全は企業として最も恐れるところです。そこで、創立15年の節目に「風通しのよい会社」を合言葉に組織を一新し、新しい経営理念を掲げました。それが「真摯・然」です。経営の柱として、また社員の心のよりどころとしてこの理念があります。
会社の急成長とともに人材の確保が急務であったため、大量採用に走り多くの離職者を出してしまった苦い経験があります。夢だけを謳い、現実とのギャップを生みだしてしまいました。

Q2.最近よく言われている学生と企業のミスマッチ(=離職)ですね。しかしながら、エーワンでは過去5年間の離職率が「12.5%」と非常に低い数字になっていますがどの様な変化があったのですか?

今では学生の皆さんと真摯に向き合うことの大切さを実感しています。派手なパフォーマンスやプレゼンテーションはなくても、丁寧に語る事の大切さを知っています。私たちエーワンは、理念にある「一貫した正直さと一貫した誠実さ」を学生の皆さんにもお約束できます。その姿勢は過去5年間のエーワンの新卒者の離職率が12.5%と非常に低い数字となっていることにも繋がっていると思っています。

またエーワンでは入社後にも定期的なフォロー研修を実施していますので、この研修が新入社員の皆さんにとって、入社した時の気持ちと自身の今を同期生と一緒に確認できる、そんな貴重な場になっているようです。この様な研修が頻繁に行われる事で自身の方向修正が出来ている事も低い離職率に繋がっているのではないでしょうか。

Q3.就活をしている学生のみなさんに一言お願いします

ここ数年でぱちんこ業界のイメージは格段に良くなりました。私達の会社もそうです。勇気をもってこの業界に飛び込んできてくれた創業時の一期生を初めとする新卒採用者も今では組織の要と成長し、エーワンで働く事の自信とプライドを堂々と語ってくれています。このことを私は本当に嬉しく思っています。
私たちは、創立15年の節目を第二創業期のスタートと位置付けました。新しい目標はエーワンを50年100年と続く会社にすることです。新卒一期生が創業時に社長の荒木が掲げる「業界を変える会社を創る」という熱い想いに呼応したように、これから入社する皆さんには、私達と一緒に強い会社を創りあげるということに共感していただける方を求めます。そしてそのための行動や考え方の基本には「真摯であること」が是非とも必要だと思うのです。
社会人になりさまざまな問題が起こっても、その多くは自分の中にあるマンネリや奢りの気持ちが引き起こすものです。問題に直面したその時に、自分自身の中に原因をみつけることができる、自分自身を振り返りそのことに気が付ける、そんな人を求めます。
「真摯である」ことを常に心に置ける人物であれば、男性でも女性でもチャンスは平等に用意できますし、その先にこそ幸せがあると思っています。
だから私達は、まっさらな人間性を持つ皆さんと一緒に仕事をしたいと考え、今後も新卒採用にこだわっていきたいと思います。